製品情報
選別機 分離機 F研磨 金属摩耗粉検知装置

分 離 機

超高磁力マグネット
ダイアバーDB

ダイアバーDB

ダイアバーDBは、希土類磁石ピースをステンレスチューブ中に組み込み、棒状に形成した棒磁石です。磁石の種類は、表面磁力及び温度条件によって使い分けをすることができます。

mT(テスラ)=10G(ガウス)

形 式 寸  法 温 度 条 件 残留磁束密度 表 面 磁 力
DB1

φ20×全長

100℃以下

1,250mT

720〜800mT
DB2 φ23×全長 200℃以下 1,120mt 900±10%mT
DB3 φ25×全長 100℃以下 1,250mt 1,000±10%mT

※上記以上の高磁力をご要望の場合は、ご照会下さい。また、チューブの材質もSUS316Lを標準として、用途に合わせて、チタン製も準備しています。


ページのTOPへ
角型ダイアグリッドDGS

角型ダイアグリッドDGS
簡易清掃タイプ

丸型ダイアグリッドDGH

丸型ダイアグリッドDGH
簡易清掃タイプ

ダイアグリッドDGS、DGH

ダイアグリッドは、超高磁力棒マグネット(ダイアバー)を格子状に組合わせた格子型マグネットです。形状は、角型及び丸型をベースとしてホッパー及び配管内に設置できます。吸着物の清掃は、エアー、粘着テープ等で行いますが、作業性を考慮した簡易清掃タイプが実用的です。

形 式 寸 法 マグネット本数
DGS-200 φ200
DGS-250 φ250
DGS-300 φ300
DGH-200 φ200
DGH-250 φ250
DGH-300 φ300

粉体用マグネットセパレーター

粉の流動性(閉塞性)に合わせて3形式の中から選定でき、表面磁力の大きさだけでなく、金属異物の含有量及び現場の作業性を考慮した構造(簡易清掃型)や、電磁式の機能を有する自動清掃型(ダイアセルフ)のシリーズも揃えております。

粉の性状と形式の選定及び適応表
形 式 簡易清掃型 自動清掃型 マグネットの配置 流動性 閉塞性
DCH 水 平
DCS 斜 め
DCV × 劣悪

その他、回転ローターに棒マグネットを配置し、回転させて除鉄するダイアローター及び、配管途中(空送配管、自然落下等)にて除鉄するダイアキャノンもシリーズ化されています。

DCH標準機

DCH標準機

DCH簡易清掃型

DCH簡易清掃型

斜め型DCS

斜め型DCS

竪型DCV

竪型DCV

ダイアコナーDCH、DCS、DCV

ダイアコナーは、粉及び顆粒原料の除鉄に通常使用されるマグネットセパレーターです。
構造は、超高磁力マグネット(ダイアバー)を格子状に組合わせた(ダイアグリッド)ものをケース内に収めた除鉄装置の構造を有しています。下表のとおり、3形式の中から選定いただけます。

寸法及び選定表
形 式 口径φ
(mm)
高さH
(mm)
幅B
(mm)
本数
(本)
処理能力
(m3/h)
DCH-100 100 250 150 2+3 3
DCH-150 150 250 200 3+4 6
DCH-200 200 300 250 4+5 9
DCH-250 250 350 300 5+6 13
DCH-300 300 350 350 6+7 18
DCH-350 350 350 400 7+8 23
DCH-400 400 350 450 8+9 29
DCS-100 100 300 200 4+6 3
DCS-150 150 350 200 6+8 6
DCS-200 200 400 250 8+10 9
DCV-100 100 300 150 7 4
DCV-150 150 350 200 10 8
DCV-200 200 400 250 14 13
DCV-250 250 450 300 15 20
手動引出式DAS(運転状態)

自動引出式DAS

ライン運転状態を示す

手動引出式DAS(清掃状態)

自動引出式DAS

清掃状態を示す

ダイアセルフDAS(AMS)

ダイアセルフは、上記簡易清掃型ダイアコナーよりも更に進化した簡易清掃型で、ケースから格子マグネットを取り出さなくても、清掃がその場で行える構造です。マグネット部のラインからの引き出しは、手動を基本として、エアーシリンダーと組合せた自動型も取り揃えております。

※AMS(Air Movement System)機構の採用
従来マグネットを外装チューブから移動する場合にエアーシリンダーにより全数を一括引き出す方式でした。この方式では、何等かのトラブルでマグネットが外装チューブ内でロックした場合、復旧に掛かる時間は1日の単位でしたが、本機構は、個々のマグネットがエアーにより外装チューブ内を移動する構造を採用することにより、外装チューブ内の摩耗も少なく、不測に事態になった場合でも不具合箇所のみの交換で数時間の単位で復旧が可能となりました。

ダイアローターDRP

ダイアローターDRP

ダイアローターは、比較的粘性が高く、流動性が悪い粉に適しています。構造は、ローターに適正な本数の超高磁力マグネット(ダイアバー)を配置し、モーターを動力として粉体の落下スピードに合わせた回転数で、そのローターを回転させることにより、できるだけ効率良くダイアバーに粉体が接触できる構造を有しております。
また、口径が角400以上の形式には、ローター単独の重量が重くなるため、ダイアセルフ手動引出型と同様の機能を持たせ、内部のローターを取り出すことなく、その場で清掃可能な構造を有し、大口径での適応を実現しました。

選 定 表
形 式 口 径
(mm)
清掃方法 処理量
(m3/h)
ローター取出 ローター引出
DRP-200 角200  
DRP-250 角250
DRP-300 角300 15
DRP-400 角400 × 25
DRP-500 角500 × 40
ダイアキャノンDKP

ダイアキャノンDKP

ダイアキャノンは、比較的大容量、大口径のラインに適しており、ケース内部には、砲弾型の超高磁力マグネットを装備しておりますが、微鉄粉除去というより処理量の多さからすると上流での荒取りが適しています。
また、粉体の空送配管内の微鉄粉除去としても使用されています。

選 定 表
形 式 口 径
DKP-80 80A
DKP-90 90A
DKP-100 100A
DKP-150 150A

液体用マグネットセパレーター

“ダイアスラー”シリーズは、超高磁力棒マグネット(ダイアバー)を組み合わせた除鉄装置で、液体および粘性原料の製造ライン配管に使用されています。
液体の流動性(流速・粘性)に合わせて4形式の中から選定でき、表面磁力の大きさだけでなく金属の含有量・現場の作業性を配慮した構造や電磁式の機能を有する自動清掃型を揃えております。

形 式 液体の
流動性、粘性
用途例 簡易清掃型 手動引出
簡易清掃型
自動清掃型
DSY 水道、復水等 × × ×
DSI 充填機前 × × ×
DST 塗料、飲料等
DSH 飲料、レトルト食品等
ダイアスラーDSY

ダイアスラーDSY

Y型ストレーナー内に超高磁力マグネットを設置し、除鉄効果を兼ねる構造を有しています。完備での製作も可能ですが、現状ご使用のY型ストレーナーのキャップ部を改造するだけでも製作可能です。

形 式 口 径 長 さ
(mm)
マグネット径
(mm)
本 数
DSY-25 25A 115 20
DSY-32 32A 135 25
DSY-40 40A 150 25
DSY-50 50A 180 25
ダイアスラーDSI

ダイアスラーDSI

主に流量が少なく、或いは、間欠で粘性が小さい流体のラインに適します。特に充填機の上流に設置する目的で開発したものです。しかし、実際には他のラインでも使用されています。

形 式 口 径 マグネット長さ(mm)
DSI-25 1S 200〜500
DSI-40 1・1/2S 200〜500
DSI-50 2S

200〜500

ダイアスラーDST

ダイアスラーDST

食品以外の液体で、粘性は中程度のものに適します。流量が少ない場合で付加価値のある液体で除鉄を要する場合は、内部に仕切り板を設置し、マグネットにできるだけ長く接する構造も製作実績がございます。

形 式 口 径 マグネット本数
DST-25 1S
DST-40 1・1/2S
DST-50 2S

DST-60 2・1/2S
ダイアスラーDSH

ダイアスラーDSH

飲料等粘性の低いものから、レトルト食品等の粘性の高いものまで幅広く適用します。食品衛生上、ケース内底部に溜りが無く、形状も、製品がスムースに流れる様な考慮をしています。

形 式 口 径 マグネット本数
DSH-40 1・1/2S
DSH-50 2S
DSH-60 2・1/2S

5 or 7

DSH-70 3S
DSH-80 3・1/2S
DSH-100 4S